脱炭素化・GX・カーボンニュートラル カーボンニュートラル化
トータルサービス

2050年カーボンニュートラル達成が社会全体の喫緊の課題になっています

現在、気候危機を回避するために、SDGs、SBT、RE100、ESG投資などカーボンニュートラルに向けた様々な取り組みが行われています。
国内の製造業においては、サプライチェーンのなかでCO2排出量低減の取り組みがすでに始まっていますが、今後ますます本格化されていく様相を呈しています。

こんなお困りごとはありませんか?

  • カーボンニュートラル化の進め方がわからない
  • カーボンニュートラル化に向けた組織の推進力を高めたい
  • カーボンニュートラル化のための費用の増加はなるべく抑えたい
  • カーボンニュートラル化だけが経営課題ではない

カーボンニュートラル化に必要な考え方と対策

現状把握フェーズ現状把握

CO2
排出量
算出

削減
ポテンシャル
診断

見える化
要件定義

計画策定フェーズ中期計画策定

ロードマップ
策定

見える化

実行フェーズCO2削減

調達改善

機器改善

運用改善現状把握・課題特定・施策検討・実行

カーボンニュートラル
+
生産性の向上などのコスト低減の施策と
個人ナレッジから組織ナレッジへ
BCP対策、少人化などの包括的な課題解決

鈴与商事は、経営課題を解決しつつカーボンニュートラル化するために、
お客様と協働し、サポートします。

弊社の特徴

スモールスタートが可能です。

環境省「SHIFT事業」登録事業者としてお客様をサポートします。

カーボンニュートラル化は中長期な取り組みです。
将来のカーボンニュートラル化に向けてお客様と一緒に取り組みます。

※工場・事業場における先導的な脱炭素化取組推進事業

サービス内容

1.CO2の排出状況の現状把握・分析・ロードマップ策定支援

工場内のウォークスルー、簡易的な計測装置による計測などを行い現状のエネルギー使用量を把握し改善策をご提示します。
カーボンニュートラル化へ向けたロードマップ策定の支援を行います。
工場、ライン、工程のどのレベルでもご対応いたします。

【分析結果サンプル】

現状と改善施策のご紹介
CO2排出量と削減率のグラフ

2.調達の改善

即効性があり、比較的短期で可能な取り組みとして、調達の改善を行います。
CO2の排出量の減少と設備投資を考慮し計画を策定、燃料の転換などをご提案します。

提供可能なサービス

CO2ゼロ、低CO2の電気・ガスへの切替、導入

例)重油から天然ガスへ切り替えで、CO2排出量を約25%削減

エネルギー以外のサービス

潤滑油の交換

省エネ型潤滑油に変更することで、消費電力の低減に貢献します。

合成樹脂の調達

再生ベース・バイオベースの合成樹脂原料を活用することでカーボンニュートラル化に寄与します。

3.運用の改善

現状分析に基づき、2つの方法で運用の改善を行います。

(1)機器の運用の見直し

ご使用中のユーティリティの運転管理や設備点検を通じ、エネルギー利用の効率を高めます。

空調・換気、冷凍・冷蔵設備
  • ・運転管理
  • ・集中管理
  • ・自動制御
ポンプ・ファン、コンプレッサー
  • ・電動機のインバータ化
  • ・吐出圧力/配管損失の低減
ボイラ・炉等の熱設備
  • ・配管損失の低減
  • ・蒸気漏れの改善
  • ・廃熱の有効利用
照明、受変電設備、OA機器
  • ・受変電設備の改修
  • ・トランスの統廃合高効率化
  • ・デマンド管理

(2)ラインや各工程のエネルギー使用量や稼働状況の見える化

CO2削減と生産性向上の両面から課題を見つけ出し解決できるよう、ラインや各工程のエネルギー使用量、稼働状況が把握可能なシステムをご提供します。

取引先様・仕入先様との連携も可能

サプライチェーン全体としての対応が必要となる見込みであるため、取引先様・仕入先様との連携による少人化が可能です。

スモールスタートも可能

システムを一部のラインに試験的に導入し、効果検証を行うことが可能です。

見える化サービス

4.機器の改善

現状分析に基づき、機器の改善を行います。

空調・換気
  • ・高効率空調機へ更新
  • ・機器の電化
  • ・ヒートポンプの導入
ポンプ・ファン、コンプレッサー
  • ・高効率モーター
  • ・コンプレッサーの更新
  • ・集中化・分散化
ボイラ等の熱設備
  • ・高効率ボイラへ更新
  • ・機器の最適化
  • ・熱源の電化
照明、受変電設備
  • ・照明のLED化
  • ・高効率変圧器へ更新
再生可能エネルギーの導入
  • ・太陽光発電システムの導入
  • ・蓄電池システムの導入
  • ・太陽熱利用システムの導入

ご利用方法も選べます。

オンサイトエネルギーサービス

お客様の敷地や工場内に当社資産のボイラや空調、照明などの設備を提供し、二次エネルギーなどの提供にかかる費用をいただくサービスです。

太陽光発電のPPAサービス

お客様の敷地や工場内に当社資産の太陽光発電設備を設置し、発電した再生可能エネルギー電気をご利用いただくサービスです。

見える化サービスのサブスクリプション型やTPOモデル

見える化システムは、ご要望に応じて、サブスクリプション型やTPO(第三者所有)モデルでご利用いただけます。

サービス導入の流れ

1.カーボンニュートラル化の進め方から検討されている企業様
カーボンニュートラル化に向けた組織の推進力を高めたい企業様

トータルサポートサービス

CO2
排出量
算出

削減
ポテンシャル
診断

ロードマップ
策定

調達改善

機器改善

2.CO2の排出量は把握しているが、どこから手を付けるか検討されている企業様
費用を押さえつつ、カーボンニュートラル化とともに生産性向上を検討されている企業様

見える化サービス

見える化要件定義

見える化

運用改善現状把握・課題特定・施策検討・実行

お問い合わせ先

WEBでお問い合わせ

お電話でお問い合わせ

エネルギーシステム営業部ソリューション企画課 TEL:054-663-3390 FAX:054-273-7794